健康にヨーグルト活用術

ヨーグルトには健康だけでなくダイエットや美容など、さまざまな効果があることがお分かりになったでしょうか。さて、このように凄い効果を上手に活用して方法を考えてみましょう。

 

ヨーグルトが腸内環境保持に注目されるわけ

ヨーグルトにはご存じのとおり乳酸菌がたっぷり含まれていますね。腸内環境が、私たちの健康や美容にとって強い影響があることが解明されています。腸内環境を良くするためにはまず善玉菌を多くし、悪玉菌を減らすしかありません。
そのためには乳酸菌を毎日体内に入れることがとても重要です。胃酸の影響を受けやすい乳酸菌を無事腸内に送り込むためには、胃酸にも強い優秀な乳酸菌を利用したヨーグルトを摂取するようにしたいものです。他にも漬け物などの発酵食品からも善玉菌は摂取することができます。しかし簡単にすぐ摂取しやすいというところがヨーグルトの人気を高めているようです。

 

ヨーグルト選びのポイント

ヨーグルトを上手に活用するにはヨーグルト選びもとても大切になります。ヨーグルトによって、それぞれ優秀な乳酸菌が含まれており、とても良い形で腸まで届くように考えられています。しかしそれぞれのヨーグルトから摂取できる乳酸菌にもいろいろな特徴があります。
例えばよく知られているところではLG21乳酸菌を使っている「明治プロビオLG21ヨーグルト」などはピロリ菌対策に適しているため、特にピロリ菌が気になる人にとって最良のヨーグルトと言えるのではないでしょうか。このようにそれぞれ自分にあったものを利用することが上手な活用法となります。
また特に気になることがなければ、逆に長く続けるためには価格的なことも大切です。もちろん味も重要で、特にヨーグルトはちょっと苦手という人こそ、自分がおいしいと感じられるヨーグルトを探すようにしたいものです。今はフルーツ味でもさまざまなタイプのものが出ています。このようにいろいろな面から自分にあっているヨーグルトを選ぶことが、長く続けるためにも大切なことではないでしょうか。

 

ヨーグルトでカロリーダウン

ヨーグルトはそれ自体の効果でも脂肪分の吸収を抑え、脂肪を分解し血液サラサラする効果があります。しかしそれだけでなく、ヨーグルトを上手にメニューに利用することでカロリーダウン効果があるのです。例えば今までサラダにはドレッシングやマヨネーズを掛けて食べていた人は、ヨーグルトを半分混ぜてみましょう。カロリーもダウンだけでなく味もさわやかで、よりおいしくなります。
またダイエットやエイジングのために朝食をヨーグルトとシリアルとフルーツに切り替えると、
便秘解消はもちろんのことカロリーダウンにもつながり、よりエイジングにも高い効果が期待できます。このようにいろいろなメニューに取り入れるだけでうれしい効果にもつながりそうです。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ