サーモフィラス菌

明治ブルガリアヨーグルト」に使われるのは、ブルガリア菌とサーモフィラス菌になります。
ブルガリア菌は桿(かん)菌となり、サーモフィラス菌は球菌になり、その違いがあります。
2つの相違点とは形状になり、ブルガリア菌は棒状や円筒状の細菌になり、サーモフィラス菌のような球菌とは短く球体に近い形の細菌です。

 

そしてブルガリア菌とサーモフィラス菌は安定性が高く、サーモフィラス菌は育成が早いという特性があります。
ブルガリア菌はタンパク質を分解して活性する作用が強いので、原材料となる牛乳タンパク質を分解してアミノ酸を作ります。

明治ブルガリアヨーグルト

 

さらにサーモフィラス菌は、微量なアミノ酸やペプチドを利用して増殖を始めます。
だから2つの菌を合わせることによりサーモフィラス菌は副産物となるギ酸を作り、ブルガリア菌はこのギ酸により増殖を促進するという、相乗作用からの共生発酵により短時間でヨーグルトは作られます。

 

そしてブルガリア菌とサーモフィラス菌という2つの乳酸菌のはっ酸作用により、ヨーグルト作りをするというのは国際規格で決められるそうです。
だからブルガリア菌とサーモフィラス菌でないもの、例えばケフィアなど複数の酵母の共生発酵ですから、本来はヨーグルトではないと主張されるのも納得です。

 

このブルガリア菌とサーモフィラス菌を合わせた上で、日本ではビフィズス菌など健康機能が高いという微生物を配合します。
だからブルガリア菌とサーモフィラス菌は主に、ヨーグルトの風味を際立たせるに必要になります。

 

サーモフィラス菌は特にヨーグルトの滑らかな感触となる質感に、大きく作用します。

 

 

【サーモフィラス菌の効果と効能】

人間の腸内には100兆個の細菌が生息するそうですが、3タイプに分けられると考えられます。
よく善玉菌と悪玉菌というのは知られますが、さらに日和見菌というタイプもあり、普段はおとなしくても悪玉菌が増えると一緒に活性化します。
もちろんサーモフィラス菌を始め、ブルガリア菌も乳酸菌はすべて善玉菌として、腸内で健康機能を果たしてくれますよ。

 

まず善玉菌となるサーモフィラス菌は摂取した食べ物の吸収、栄養の吸収を助けるという基本的な役割を果たします。
その上で悪玉菌の動きを阻止して、健康作りの味方となる善玉菌の増殖に機能してくれます。

 

もちろん便秘だけでなく下痢の改善など、善玉菌の増殖効果により腸内環境を整えることで作用します。
だから美肌効果など、具体的に表面化することもあります。
そして一般的にヨーグルトの健康効果として知られるだけでも、まず免疫機能が向上する作用が考えられます。

 

だからアレルギーやアトピー、コレステロール値の抑制まで効果が期待できます。
また腸の健康を維持すれば、大腸ガンなどガン系疾患の予防にもヨーグルトは役立ちます。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ