水切りヨーグルトの活用術

ヨーグルトメニューなどを見ていると、必ずと言っていいほど水切りヨーグルトが出ていますが、どのようなものなのでしょう。栄養的には? 味は? その辺をもう少し深めてみましょう。

 

水切りヨーグルトについて

水切りヨーグルトとはその名のとおり水分を切ったヨーグルトのことです。数時間切っておくとサワークリームのようになり、一晩しっかり水切りするとクリームチーズのようになります。形態だけでなく味、風味も変化するのが楽しいところです。そして料理本やレシピには「クリームヨーグルト」や「ヨーグルトチーズ」というふうに書かれているものも多く、これらは水切りヨーグルトのことを指します。
さて、水を切ったヨーグルトを利用する前に、切った水分はどうしたらいいのか悩んでしまう人もいるのでは? 実はこの水分はホエイというものでタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素がたくさん含まれているのです。そのため捨てるなんてことはせずに、どんどん使ってしまいましょう。
スープやみそ汁に入れてもこくが出ておいしくなります。他にもパンケーキ、クッキー、プリンなどに入れてもOKです。ただし、できるだけ冷蔵してその日のうちに使うようにしましょう。もちろんそのまま相性の良い牛乳に入れて飲んでも美味しく飲めます。

 

水切りヨーグルトの作り方

まず小さめボールの上に、それより少し大きめのざるを乗せましょう。ざるにキッチンペーパーやガーゼを敷いて、その上にプレーンヨーグルトを載せ包みます。下にボールを置いておけば、そのままホエイが溜まっても溢れることはありません。そのまま冷蔵庫で置いておきましょう。
1時間から一晩で思った硬さの水切りヨーグルトが簡単にできます。もちろん一人分ならコップの上に茶こしを置き、そこにガーゼを敷いてヨーグルトを入れます。一人分を毎日新鮮な状態で食べるなら、たくさん作らず毎日このようにして作ってもいいのではないでしょうか。これなら小さいので冷蔵庫でも邪魔になりません。

 

水切りヨーグルトレシピ

できたクリームヨーグルトにフルーツやナッツなどを乗せ、ハチミツやオリゴ糖をかけて食べると抜群の腸内環境デザートになります。また水気がなくなっているので、ここにお肉などを漬け込んでから焼くと、とてもまろやかに柔らかくなります。サラダに入れるとカッテージチーズのように、おいしく食べることができます。また2時間程度置いた緩めの水切りヨーグルトをカクテルグラスに入れて手作りジャムを乗せてみませんか。お客さまのおもてなしにもおすすめのおしゃれなグラススイーツになります。

 

簡単でプロの味が楽しめるヨーグルトチーズケーキ
また定番の人気デザートとしてクリームヨーグルトケーキがあります。まるでチーズケーキのような美味さです。
材料
ヨーグルト……400gを水切りにする
砂糖……20g
ハチミツ……少々
牛乳……110t
レモン汁……少々
ゼラチン……5gを少量の牛乳でふやかします
焼き皿に細かく砕いたビスケットをぎっしり引き詰めます。そのお皿に水を切ったチーズケーキにハチミツを加えてちょうどいい甘めにし、そこにレモン汁と牛乳や溶かしたゼラチンを混ぜたものを流し込んで冷蔵庫で冷やせばOKです。これだけでプロの作ったようなヨーグルトチーズケーキが出来上がります。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ