乳酸菌を摂取する食事とは

腸内フローラを改善するためにも、乳酸菌をできるだけ摂取したいものです。そこで毎日の食事も乳酸菌を摂取するような意識を持つことが大切です。では腸内フローラのためにもおすすめの食事について考えてみましょう。

 

腸内フローラを改善するためには

腸内フローラを改善するのは、善玉菌を摂取することが一番の近道です。そのため毎日の食事に乳酸菌をできるだけ摂取することを意識しましょう。またもう一つ乳酸菌と同時に食物線維の意識的な摂取も考えるようにしたいものです。

 

乳酸菌を含む食品

乳酸菌を豊富に摂取することのできる食事を意識するなら、乳酸菌を含む食品を知っておくことも必要ではないでしょうか。まずヨーグルトはもちろん乳酸菌摂取には最適ですが、他にも乳製品ではチーズ、サワークリーム、クリームチーズなども豊富に含まれています。また、キムチ、ぬかずけ、ピクルス、塩麹、甘酒、味噌、醤油など植物性の乳酸菌は胃酸の影響を受けず腸にそのまま届く強さがあるとのこと。
また乳酸菌ではないものの善玉菌として人気があるのが、納豆から摂取できる納豆菌です。そして乳酸菌を元気にするものとしてオリゴ糖やラクトフェリンがありますが、ラクトフェリンは食品ではなくサプリとして是非おすすめです。オリゴ糖も粉タイプのサプリがあり甘みとして使うことができます。バナナ、玉ねぎ、リンゴ、ハチミツにも豊富に含まれているので、これらを上手に食事やデザート、おやつに上手に利用することを考えてみましょう。

 

乳酸菌食品を上手に利用する

これら乳酸菌の豊富な食品をメニューに加えて上手に利用したいものです。ただし良いからと言っても塩分の摂りすぎになってしまうと、他の面での健康被害が起ってしまうのでその辺は注意しましょう。そして乳酸菌だけでなく、乳酸菌を強めるオリゴ糖やラクトフェリンなどもメニューに加えたりサプリで補助食品として摂取すると、より効果的に腸内環境が良い状態に保つことができます。

 

簡単メニューのご紹介

例えばサラダに漬け物やピクルスを細かく切って入れると、塩分も十分あるのであとはヨーグルトやカッテージチーズでおいしくなります。ちょっとだけオリーブオイルを入れてもOKです。黄色いたくあんの細かく切ったものやグリーンのキューリのぬか漬け、紫のしば漬けなどをちりばめると、宝石箱のような綺麗なサラダになります。
もう一つ、厚切りの豚肉を塩麹に漬け込み、リンゴの薄切りを乗せてオーブンで焼きましょう。出来上がりに味噌とハチミツを混ぜた甘めの味噌をサッと掛けるとよりおいしくなります。リンゴや塩麹の酵素で豚肉も柔らかくなるダブル効果が期待できます。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ