LG21乳酸菌

最近はそれぞれ特徴のあるヨーグルトがたくさん出まわっています。多くのものはそのネーミングを見るだけで、どんな乳酸菌が配合されているのかが分かるほどです。そんな中に「LG21」という乳酸菌の名前がついている商品もあります。このLG21乳酸菌の特徴などについて考えてみましょう。

 

LG21乳酸菌とは

LG21乳酸菌はいくつもある乳酸菌属の中のラクトバシルス菌属に含まれる乳酸菌です。ヨーグルトを作るときに欠かせないブルガリクス菌やガゼイ菌などが同類として含まれているとのこと。特にLG21乳酸菌は胃の中のピロリ菌を殺菌する力がとても強いことで知られています。
明治からはLG21乳酸菌入り「プロビオヨーグルトLG21」が発売されていますが、ピロリ菌対策が期待できるヨーグルトです。特にLG21乳酸菌が出す乳酸にピロリ菌が弱いため毎日摂取することでピロリ菌改善や予防ができるというものです。
もちろん他の乳酸菌の出す乳酸でも量が多ければ同じような効果があるようです。そのため善玉菌をどんどん増やすことができれば、一般ヨーグルトでもピロリ菌対策に高い効果があります。しかし長時間胃腸に存在できないため、やはりLG21が一番ピロリ菌の殺菌にはおすすめなのです。

 

ピロリ菌について

ピロリ菌が胃潰瘍や胃ガンの原因にもなるということが判明してから、このピロリ菌を殺すことが胃ガンなどの予防になると言われています。今は薬でもピロリ菌を殺すことができるようになりましたが、とても強い薬なので自然に食品によって予防できればそれがベストです。そのためピロリ菌の殺菌力の高いLG21が注目されるようになったのです。
ピロリ菌は強い胃液の中にも存在できる菌ですが、今までは胃酸の中に存在する菌などあり得ないという概念のため、ピロリ菌の存在はなかなか知られることはありませんでした。それが明らかになってからは薬とLG21乳酸菌の両方が多くのピロリ菌保持者に摂取されてきました。
そしてLG21乳酸菌はピロリ菌の殺菌だけでなく、胃酸の中で増殖まですることができる菌であり、それによってピロリ菌の増殖を抑えることができる効果もあったのです。特に疲れやストレスによってすぐに胃が不調になる人は、毎日ピロリ菌対策のためにLG21乳酸菌入のヨーグルトを摂取することを考えてみましょう。またラクトフェリンとLG21などの相乗効果も素晴しいものがあり、一日に両方を摂取することができればより健康効果が期待できそうです。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ