高生存ビフィズス菌BE80

高生存ビフィズス菌BE80という名前を聞いたことありますか。CMで流れていたので知っている人も多いかもしれません。今ヨーグルトに含まれるビフィズス菌として注目されているようです。

 

高生存ビフィズス菌BE80とは

名前のとおりビフィズス菌の一種ですが、他のものに比べて生命力がとても強いとのこと。一般的にビフィズス菌は胃液に弱く、胃腸の消化管を通って行く途中で分解されやすいと言われています。しかし、この高生存ビフィズス菌BE80は、胃液の中を通っても元気に生存することができるため、整腸作用がとても高いと期待されているのです。
ダノンの研究によって、プロバイオティクス菌株としてBE80が強い性質であることから選ばれました。それに開発を繰り返してつくり出されたのがこの高生存ビフィズス菌BEです。

 

摂取できるヨーグルトは?

この高生存ビフィズス菌BE80という菌を摂取できるのは、ダノンの「ビオ」のみとなっています。特に腸内環境を徹底的に良くしたいという人、頑固な便秘などの人にはこのダノン「ビオ」がおすすめです。またガスが溜まりやすくて悩んでいる人にもいいとのこと。
他にも、もちろんヨーグルトを作るときのスターター菌としてのサーモフィラス菌やブルガリクス菌も豊富に含まれています。ただし胃腸内にとどまることはできないので、その辺をこの高生存ビフィズス菌BE80がカバーしているのです。直接胃酸や胆汁の影響を受けずに高い確率で腸内に流れ込み、腸内でもしっかりとどまる強力なビフィズス菌ということになります。

 

BE80とラクトフェリンの相乗効果

悪玉菌と善玉菌は腸内で強い方が優位となりますが、このようにBE80は腸までしっかり届くため、腸内は善玉菌が増え悪玉菌が減っていきます。善玉菌が力を持つと悪玉菌を一気に減らし、腸内環境を良くしていきますが、善玉菌が弱くなってくると悪玉菌が俄然力をつけて広がっていきます。
そのため腸内には常に善玉菌の多い状態にしておくことと同時に、強い状態を保つことが大切になるのです。そのため善玉菌を強くする効果のある、ラクトフェリンとBE80の相乗効果は抜群だと言えるのではないでしょうか。
そして、できるだけ毎日食べることで、より腸内環境は完ぺきになるはずです。ダノンの「ビオ」はフルーツ味も楽しめ毎日飽きない味になっています。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ