BB536菌

BB536菌もビフィズス菌の一種ですが、腸にしっかり届くことのできる優秀な菌と言えそうです。さてどのような効果があり、どのような商品に含まれているのかまとめてみましょう。

 

ビフィズス菌BB536について

1965年に発見された乳酸菌は生きたまま大腸菌に届くということで、たくさんの人に愛されてきたビフィズス菌です。正式名はビフィドバクテリウム・ロングム・bb536と言われているものです。ビフィズス菌には30もの種類があり、その中でも人の腸内に生息することができるものは約10種類と言われています。このビフィズス菌BB536はその中の一つです。
森永乳業の研究によって健康な乳児から発見された、人由来のビフィズス菌としても知られています。一般のビフィズス菌は酸素や酸には弱いので、ヨーグルトに使うのは難しいと言われていました。しかしこのBB536は酸素や酸に強く、胃酸の影響も受けずに腸内に届く優秀なビフィズス菌だということが解明されたのです。
1971年にはビフィズス菌BB536を使った乳酸乳が、そして今では世界中でこのBB536を使用したヨーグルトや乳酸菌料、サプリなども発売されています。

 

ビフィズス菌BB536はダイエットや健康にも

ビフィズス菌BBはしっかり腸に届く性質から、腸内環境の改善に高い効果が見られます。腸内環境はいまやストレスや環境汚染、食生活の乱れなどいろいろな原因によって、いつも良い状態に保つことが難しくなっています。そのため腸内に生きた乳酸菌が運ばれることは腸内環境の維持にも効果があるのです。
また腸内のぜん動運も活発になり便秘などの解消にも高い効果を示します。腸内に必要のない老廃物をためることがなくなることは、脂肪吸収や毒素吸収を防ぐことにもなり、美肌、ダイエットなどにも関係するとのこと。便秘傾向の強い女性には特にすすめしたい成分ということになります。

 

ビフィズス菌BB536は大腸がんにも

最近は悪玉菌の一つであるETBF菌が大腸がんを引き起こすことも解明されてきているので、これらのデトックスをするためにもビフィズス菌は重要な成分だと言われています。特にしっかり腸に届くビフィズス菌BB536も是非摂りたい成分なのです。
また腸の役割にはウイルスや細菌やガン細胞などさまざまな悪者から体を守る免疫機能がありますが、腸内環境が悪くなると、逆にこれらの攻撃を受けやすくなってしまうことにもなるわけです。だからこそビフィズス菌BB536は免疫アップにも高い期待が持てるのです。

 

どんな食品から摂れるのか

ビフィズス菌BB536は森永の研究によって発見された優秀なビフィズス菌ですが、含まれているヨーグルトは「森永ビヒダスヨーグルトBB536」となります。ビヒダスヨーグルトシリーズにはBB536配合と書かれていますが、とてもまろやかな味わいが人気のヨーグルトです。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ