特定保健用食品について

最近も特定保健用食品に認定された飲み物など、いろいろ話題になっている食品もあります。特定保健用食品については、あまり詳しく知らない人も多いようです。

 

条件付き特定保健用食品制度とは?

特定保健用食品の一種で「条件付き」という文字がマークの中央にドーンと入っているものです。特定保健用食品の許可を受けるときには科学的根拠が必要になります。しかし、なかなかその証明がしにくいものであっても、特定の有効性が確認されている食品に対しては、この「条件付き」という文字が大きく書かれたトクホマークが付きます。
これを条件付き特定保健用食品制度と言い、「○○を含み、根拠は必ずしも確率していませんが、◎◎に適する可能性のある食品です」と、科学的根拠が特定されていないことを示すことが書かれています。「トクホ」と「条件付きトクホ」の違いはこのようなところにあるのです。

 

特定保健食品(規格基準型)とは?

特定保健食品の許可件数はとても多く、同じ科学的根拠が幾つも重複されていくため規格基準が定められます。この規格基準を満たしたことで許可された食品を特定保健用食品(規格基準型)と言います。

 

特定保健食品(疾病リスク低減表示)とは?

特定保健食品の中にも条件付き特定保健食品や特定保健食品(規格基準型)、そしてもう1つ特定保健食品(疾病リスク低減表示)というものがあります。これは疾病のリスクを低減させるために役に立つ成分が配合されているというものです。許可され、表示した内容の成分が疾病のリスクの低減に医学的・栄養学的に認められているものだけに使われるトクホの一種となります。

 

保健機能食品とは?

特定保健食品の3つの種類のご紹介をしましたが、特定保健食品は保健機能食品の1つであり、この保健機能食品には特定保健食品と保健機能食品の2つがあるという構造になっているのです。そして口から摂取するものには医薬部外品を含む「医薬品」と「保健機能食品」と「一般食品」があります。

 

栄養機能食品とは?

保健機能食品の中には特定保健用食品と栄養機能食品が含まれますが、栄養機能食品についてまとめてみましょう。高齢化、不規則な生活などによって1日に摂りたい栄養分がなかなか摂れないこともあります。その不足した栄養分を補給することが一番の目的として考えている人に対して、配合栄養分機能の表示がされている商品のことを言い、トクホのようにマークは付いていません。
トクホと同じ保健機能食品という位置付けですが、その商品ごとに消費者庁長官の許可を受けてはいません。国の定める栄養成分の規格基準に1つだけでも適合していれば、栄養機能食品と表示することができるのです。これはそれぞれの製造業者が、それぞれの責任において栄養機能食品と表示します。
つまり栄養機能食品には栄養バランスに関係なく、1つ以上の成分に特化しているというものです。そしてその成分を求めている人が、摂取しやすく表示されているものとなります。栄養機能食品で表示を認められていない成分について表示をすることは許されません。

 

保健機能食品を上手に利用する

保健機能食品に含まれる特定保健食品(トクホ)と栄養機能食品はまったく違う基準がありますが、位置付け的には「医薬品」と「一般食品」の間に「保健機能食品」が位置しています。薬ではないけど一般食品より、もう少し疾患治療や予防に影響を及ぼす成分が含まれているというものです。
これらの表示を意識してみると、有効にこれらを利用することができそうです。そのためにも自分の生活習慣には何が不足しているのか、自分の疾患には何が必要なのかということをきちんと知っておくことが重要になります。それさえ分かっていれば、トクホや栄養機能食品を上手に利用することもできるということになります。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ