ラクトフェリンとは?

多機能な健康成分

 

またラクトフェリンは母乳だけでなく目や口、鼻などにも多く存在するのが確認され、他に十二指腸などに分泌されることが分かっています。
このことから人体において病原菌の入り口にあたる部分でも、ラクトフェリンは抗菌成分として機能してくれているのが判明しました。
だから唾液や涙、鼻水や尿にまでラクトフェリンは微量ながら含まれるとか!

 

そしてラクトフェリンは多機能タンパク質ということでは、身体を作る栄養素のタンパク質でありながら、まさに多機能な健康成分ということを証明します。

 

さらにラクトフェリンの研究が進むことから、近年は生活習慣病の予防にも役立てられるということが解明される段階です。
つまり唾液のラクトフェリンは加齢により濃度が低下することからも、補給することができれば健康機能に活かせると考えられます。
生活習慣病に限らず様々な症状を予防するにも、ラクトフェリンは有効活用したい健康成分ということが広がります!

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ