ラクトフェリンと放射能について

最近はさまざまな大気汚染の問題などがあり、ラクトフェリンの摂取にも注意が必要になります。しかしなんとラクトフェリン自体に放射能保護効果があることが分かったのです。

 

放射能汚染に注意

日本だけでなく世界中が今、放射能汚染などについて厳しい目を持っているのではないでしょうか。日本も大気汚染の問題やさまざまな事故によって、放射能についてはとても敏感になっている現実があります。そんな中、牛乳を使うラクトフェリンについても放射能検査はとても重要なことではないでしょうか。特に牛の環境や餌なども注意が必要になります。とはいってもわたしたちがそれを確かめることはできないため、放射能検査など必要検査がきちんと行われている、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

 

ラクトフェリンに放射能保護効果があった!

そして!なんとこのラクトフェリン自体にも放射能保護効果があったのです。赤ちゃんをいろいろな細菌やウイルスから守るための免疫効果の他に、放射能から守るための保護効果もあったのです。放射能というと私たちがつくり出した原爆や原発による恐ろしい物質のように思われますが、実は自然界の中にもたくさん含まれているものなのです。
ウラン風呂などは自然の放射能を利用したものとして知られています。このようにラクトフェリンには自然の中にある、さまざまな成長に影響を及ぼすものから身を守る成分が含まれているのです。しかし現在の日本では、自然界にある放射能だけでない放射能にまで注意しなければなりません。そんなわたしたちにとって本当にきちんとした放射能検査と、ラクトフェリンそのものの放射能保護効果はとても重要なことなのです。

 

放射能保護効果について

放射能保護効果については独立行政法人・放射線医学総合研究所において2006年に、「ラクトフェリンの放射能効果」として研究発表が出されています。放射能防護剤についてマウス実験でも有効な効果が見られたとのこと。ラクトフェリンにはこの被爆予防に効果が見られるということが分かったのです。
マウスにラクトフェリンを被爆する前から投与していると、被爆予防ができたという結果が出ました。もちろんマウス実験を直接すぐに人間に置き換えられるものではありませんが、その結果から放射線障害の治療薬研究につながるものなのです。しかしこの研究によってラクトフェリンを続けて飲んでいると放射能汚染が心配される今の時代、身を守ることができるという証明になったことは事実のようです。
そして2006年にはラクトフェリンが抗放射線被曝障害剤として特許出願も出されており研究が続けられています。今後少しでも早くこの研究が進むことを、わたしたちは心から望みたいところです。このように素晴しいラクトフェリンをサプリで摂る場合、吸収率の高い腸溶率の高い信頼のできるサプリを選ぶことが大切ではないでしょうか。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ