ラクトフェリンが摂れる食品

ラクトフェリンは母乳や動物のお乳に含まれているタンパク質の一種で、免疫力アップ効果やダイエット効果、血液サラサラ効果など、さまざまな効果が期待できることでも注目されています。さて、このラクトフェリンはどのようなものに含まれているのでしょう。

 

乳製品に含まれている

動物のお乳と言うと、いわゆる私たちがよく食するものとしては牛乳やヤギのお乳などがあります。しかしデリケートなラクトフェリンは、市販の牛乳から摂ることはまず期待できないと考えるべきです。しかし低温殺菌の牛乳や絞りたての牛乳やヤギ乳、そしてナチュラルチーズには存在しているものもあります。ただし胃酸で変化してしまい、ラクトフェリンとして腸まで無事行き着く量は極少量であると、ラクトフェリンの研究の第一人者であるライオンの研究チームは報告しています。

 

デリケートなラクトフェリン

そのためラクトフェリンは鮮度がとても重要です。ラクトフェリンは鉄分と結び付く性質があるため、どんどん酸化しやすくアッと言う間に変化してしまいます。また熱にもとても弱いため、加熱した食品には存在していないいと考えられるのです。
そのため牛乳なども加熱処理されてしまうと、ほとんどラクトフェリンはなくなってしまいます。熱に関しては低温処理した牛乳なら少しは残りますが、鮮度はどうしても落ちてしまいます。つまり新鮮な絞りたての牛乳やヤギの生乳なら、ラクトフェリンはまだ十分含まれていると言えますが、それを私たちが口にできるかというと、ちょっと難しいのではないでしょうか。
そして加熱と鮮度さをクリアしても胃の中の酸からは守れません。ラクトフェリンは胃酸でほとんどが分解されしまうため、ラクトフェリンとしての形で吸収されるには胃を無事通過しなければなりません。つまりそのままの形では胃を無事に通過することは無理なのです。

 

だからサプリ

そのためラクトフェリンはサプリからの摂取がすすめられるのです。新鮮で熱処理がされていない乳製品からの摂取はとても難しいことが、サプリをおすすめする理由の1つです。そして胃で解けずに腸内で解けるタイプのサプリなら、無事に胃を通過することができます。そのため腸で溶けるような構造のサプリであればベストだと言えるでしょう。新鮮な食べ物から摂った方が良い成分もありますが、このラクトフェリンに関しては、逆にサプリを上手に利用したい成分の1つと言えるようです。
そして毎日続けることができれば、自然の贈り物とも言える素晴しい成分によって、さまざまな効果を感じることができるはずです。免疫向上効果、美容効果、ダイエット効果、アンチエイジング効果、血液サラサラ効果、便秘解消効果など驚きの効果が期待できるでしょう。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ