乳酸菌とラクトフェリンの関係

乳酸菌とラクトフェリンって同じじゃないの? という質問がよくあります。しかし同じ生乳に含まれる素晴しい成分であっても、その効果はそれぞれ違ったものがあり、それぞれの特徴が分かるとその違いもはっきり見えてくるのではないでしょうか。

 

乳酸菌とは

乳酸菌とは細菌の1つで、体内でも特に腸内にたくさん存在しています。他に発酵食品などにも多く含まれ、特に漬け物、味噌、醤油やヨーグルト、チーズなどに多いことはよく知られているところではないでしょうか。
体内では常在菌として存在し、腸内では善玉菌として悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を良い状態にしてくれます。それによってスムーズな排便が行えるようになり、血圧やコレステロールの低下、免疫力アップ、花粉症などのアレルギーの緩和などにも効果があるとのこと。逆に言うと生きていく上で、なくてはならない常在菌の1つなのです。また口に中にも含まれており、虫歯や歯周病の進みを遅らせたり予防をしてくれる効果もあると言われています。

 

ラクトフェリンとは

ラクトフェレリンは母乳に含まれており、特に初乳に多く含まれているタンパク質の一種で、人間だけでなく動物のお乳にも含まれているとのこと。また体液にも含まれており、感染症などから体を守り免疫力を高める効果があると言われています。
ラクトフェリンは免疫アップや感染症から守るだけでなく、癌予防や腸内の善玉菌の活性を促進して内臓脂肪を減らし、抗酸化作用も高いということも分かってきています。そのために健康効果だけでなくダイエットやアンチエイジングなどの美容効果も期待されているのです。

 

乳酸菌とラクトフェリンの相乗効果

以上のようにラクトフェリンは乳酸菌の活性を促進する働きがあります。そして、この2つを同時に摂取することで生まれる相乗効果は、ラクトフェリンが善玉菌を活発化し、その結果悪玉菌を抑制することになるのです。
悪玉菌が増えると腸内はアッと言う間に悪玉菌に占領されてしまい、逆に悪玉菌の力が弱ると善玉菌がグーンと元気になっていきます。腸内の悪玉菌は鉄分を吸収して増殖していきますが、ラクトフェリンは鉄と強力に結合するため悪玉菌は鉄分不足で死滅していくのです。そこに善玉菌の乳酸菌など、どんどん元気のいい善玉菌を入れていくことで腸内環境は一気に良くなるというメカニズムが生まれます。

 

取りすぎには注意

つまりラクトフェリンと乳酸菌はベストカップルですが、多く摂取すれば効果があるというものではありません。どちらも人間の体内にある成分なので特に恐ろしい副作用はありませんが、どんな良いものでも取りすぎれば不調が起ります。例えば食欲不振や便秘・下痢などが起ることもあるので、取りすぎには注意をして適量を守るようにしましょう。
またラクトフェリンも乳酸菌も乳製品なので、乳製品にアレルギーのある人は医師へ相談をすることをおすすめします。そして酸や熱に弱い性質があるので、サプリ選びには腸内まで溶けない腸溶タイプかチェックするようにしましょう。胃で溶けてしまうと、せっかくの効能もずっと減ってしまうことになりかねません。

 

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ