ラクトフェリンはいつ飲むと効果的?

ラクトフェリンサプリは本当にいろいろな効果が期待できる驚異のサプリです。でもどのタイミングで飲めば一番効果的に飲めるのでしょう。その辺を中心に考えてみました

 

ラクトフェリンの性質を考える

ラクトフェリンには幾つかの性質がありますが、まず鉄と結び付きやすいという性質は酸化しやすいということにつながります。そして酸にも弱いため、胃酸によって分解されてしまうと言われています。経口摂取は胃を通るので腸内まで届く前に分解されてしまう率が高くなるわけです。また熱にも弱いので加熱した牛乳などからはほとんど摂取不能となります。

 

性質から考えるラクトフェリン摂取の注意とタイミング

ラクトフェリンの摂取は、まず加熱しないことが重要です。サプリの場合も熱いお湯やお茶などと一緒に飲まないこと。またサプリ摂取の後すぐに熱いものを飲まないことが大切です。そして胃酸に弱いため胃酸分泌の少ない時間が一番摂取に向いています。腸溶タイプでなければ特に胃酸の少ない寝る前などがおすすめです。ちなみに食後は絶対に避けたいタイミングとなります。

 

また胃酸分泌の少ないタイミングなら食前でもOKと言いたいところですが、できればやっぱり寝る前がベストなのです。夜飲むことで次の朝の排便にも良い影響を与えてくれます。それによって一日の体のリズムが整うので是非寝る前がおすすめなのです。

 

また酸化しやすい性質があるので新鮮な生乳からきちんとした抽出方法で作られたサプリを選ぶことが大切になります。腸溶タイプなどはコーティングもしっかりしているので酸化には安心ですが、サプリのタイプによっては酸化防止を注意することも必要になります。以上、飲む時の注意やタイミングについてまとめてみました。

 

相乗効果を考える

ラクトフェリンサプリと善玉菌サプリやヨーグルトなどと一緒に摂取することもおすすめです。ラクトフェリンは乳酸菌など善玉菌の活性効果があります。それによって腸内フローラが改善され、いろいろな健康効果や美容効果を得ることもできるのです。

 

アメリカではアレルギー治療の一環として、ラクトフェリンと善玉菌サプリを処方しているとも言われています。ヨーグルトなど食品から善玉菌を取るならラクトフェリンサプリと同時でなくてもいいので、一日のうちに両方とも摂取するようにするといいでしょう。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ