ラクトフェリンと腸内フローラの関係性

ラクトフェリンによって腸内フローラの改善ができると言われています。腸内フローラの重要性やラクトフェリンとの関係を考えてみましょう。

 

腸内フローラについて

腸内フローラのイメージ

腸内フローラは腸内に善玉菌や悪玉菌が敷き詰められた状態が、まるでお花畑のように見えると言われています。もちろん人によってまったく違った状態であり、その状態が悪い人ほど健康に問題が起きやすいとも言われています。最近の報告では寿命にまで関係するとも言われており、腸内フローラを改善することは、すべての健康や美容につながるとも言われているのです。

 

さて腸内では増えた方の状態に大きく変わる性質があります。そのため腸内フローラの状態が悪ければ善玉菌を増やすことで改善されると言われています。そのためには善玉菌である乳酸菌の摂取が一番簡単な方法となるのです。

 

善玉菌を増やすこととラクトフェリン

善玉菌を増やすことはもちろんのことラクトフェリンを摂取することで、より善玉菌を増やすことができると言われています。実はラクトフェリンはとても殺菌力が強く、腸内フローラの中の悪玉菌のみに殺菌する効果があるのです。つまり善玉菌を摂取することで善玉菌の数を増やすとともに、悪玉菌の数をラクトフェリンが減らすことができるので、一石二鳥で腸内フローラが改善されるという構図になります。

 

善玉菌自体を強くさせるためには、善玉菌の餌となるオリゴ糖の摂取がすすめられますが、ファクトフェリンとの関係は結果として善玉菌を強くするというものなのです。ラクトフェリンの殺菌力によるうれしい効果ということになります。

 

腸内フローラの内容

腸内フローラには善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌というものがあります。日和見菌が7、善玉菌が2、悪玉菌が1という率が理想のかたちと言われています。しかし実際には日和見菌が7、悪玉菌が2、善玉菌が1という状態が多いのです。日和見菌は強い方の菌に影響されるタイプのもので、悪玉菌が多ければ悪玉菌と同じような作用をしてしまいます。そのため善玉菌を増やすことで、日和見菌も善玉菌と同じような作用をしてくれるので、腸内フローラは良い状態に一気に変わるのです。

 

ラクトフェリンを上手に摂取する

ラクトフェリンはサプリ以外ではなかなか摂取できないので、ラクトフェリンサプリで摂取することになります。ヨーグルトなどが好きな人は、ラクトフェリンサプリとヨーグルトなどの摂取が最高です。しかしヨーグルトが苦手という人や、毎日の摂取は無理という人には乳酸菌もプラスされているラクトフェリンサプリも便利ではないでしょうか。

 

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ