虫歯とオリゴ糖の関係

オリゴ糖は虫歯予防にも効果があるので、砂糖の代わりにオリゴ糖を使うと良いと言われています。

 

虫歯のメカニズム

食べ物のカスがついている歯を、虫歯菌が食べてしまうというふうに思っている人が意外と多いようです。しかし正しくは虫歯菌とも呼ばれる細菌が糖分を分解します。この分解をするときに酸を発生し、その酸が歯のエナメル質を溶かして侵食していくというものです。
口内は普段は酸性とアルカリ性のバランスは6.7phですが、糖類が分解されると5.5phになると言われています。そして5.5ph以下になると歯のカルシウムは溶け出す性質があるので、ここで虫歯が発生することになります。

 

虫歯にならないオリゴ糖

オリゴ糖は母乳にも多く含まれている糖類ですが、オリゴ糖はほとんど虫歯菌が反応しないと言われています。特にパラチノースやトレハロースはまったく反応しないと言われています。そのためオリゴ糖によって虫歯になることは、ほとんど考えられません。

 

虫歯になりやすい人

虫歯になりやすい人は歯の質が弱いタイプの人や口内が不潔になっている人、妊娠中、また出産後もホルモンバランスが乱れているため虫歯になりやすいと言われています。

 

そんな状態の人は特に砂糖の摂取を注意したいものです。そんなときにはオリゴ糖を摂取することで口内環境をコントロールすることもできます。もちろん清潔にすることは基本です。

 

注意すべき点

ただしオリゴ糖は虫歯にならないと言っても、他のものと一緒に食べた場合は安心できません。例えばフルーツとオリゴ糖を食べたときには、オリゴ糖だから安心というわけにはいかないのです。フルーツの果糖は虫歯の原因になるものなので、食後のケアは絶対に必要になります。

 

このようにオリゴ糖は虫歯の心配がなくても、一緒に食べたものまで虫歯の心配がなくなるわけではないことも自覚しておきましょう。しかしオリゴ糖を入れた甘いコーヒーを飲んでも虫歯の心配はないということになります。

 

オリゴ糖以外にも虫歯菌が反応しないものがある

オリゴ糖以外にもガムでよく知られているキシリトールは、やはり虫歯菌が反応しないと言われています。キシリトールとはキシランという食物繊維の一種を、キシラナーゼ酵素によって分解し合成されるものとのこと。

 

キシランからキシロオリゴ糖が作られるので、キシリトールとオリゴ糖はそう遠い関係ではないかも知れません。水飴に使われる麦芽糖もオリゴ糖に近い2単糖類で、やはり虫歯になりにくいと言われています。子どもの虫歯予防にも上手に利用するといいのではないでしょうか。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ