オリゴ糖

オリゴ糖というと「体に良い砂糖の一種」というようなイメージを持っている人も多いかも知れません。しかし実際には砂糖の一種でも砂糖とは別物と考えた方がいいようです。腸内環境にも良い影響を与えるオリゴ糖について、もう少し詳しくご説明します。

 

オリゴ糖とは

オリゴ糖は腸内ビフィズス菌増殖促進因子であり、健康に役立つ機能を持つプレバイオテクス素材と言われています。オリゴ糖は単糖が数個結合したもの、つまり少糖類ということになります。ちなみにオリゴとは「少ない」という意味なのです。

 

単糖が幾つか集まったものには牛乳の乳糖や水あめの麦芽糖、砂糖の主成分のショ糖なども含まれています。逆に単糖が何万と結合しているのがデンプンやセルロースなどの多糖類です。また果物を煮つめてジャムを作るときに出るとろみの成分はペクチンであり、これも多糖類の一種となります。

 

他にも粉状、顆粒状、液体状のオリゴ糖として購入できますが、オリゴ糖は人工的に作ることもできます。また天然成分から分離抽出したものなど、いろいろなタイプのオリゴ糖が出まわっていますが、これらの違いは価格にも反映しているようです。

 

オリゴ糖の特徴

オリゴ糖は人間の健康維持に欠かせない、腸内環境を左右する腸内細菌の栄養素になると言われています。ビフィズス菌やアシドフィルス菌など、善玉菌と言われるような腸内細菌の栄養素になるため、善玉菌が含まれた食品と一緒に取るとより効果が出ると言われています。

 

そしてオリゴ糖は胃や小腸などで消化液や消化酵素によって消化されることがありません。そのため口からの摂取をしても腸に行き着くまで、まったく何の影響も受けずに届くと言われています。ビフィズス菌などは偏性嫌気性菌のため、酵素のある部分では存在することができません。そのためビフィズス菌などは大腸に存在していますが、そこまでオリゴ糖は問題なく届くということになります。

 

オリゴ糖を含む食品

オリゴ糖を自然の食品から摂取するなら、オリゴ糖が多く含まれている食品を知っておきましょう。まずフルーツでは、リンゴ・バナナ・ブドウなどが特に多いと言われています。野菜では、タマネギ・サトウキビ・ジャガイモ・キャベツ・ゴボウ・トウモロコシ・ニンニク・アスパラ・大豆など。乳製品では、ヨーグルト・牛乳があり、他にハチミツ・味噌・醤油などにも含まれています。オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ等、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖など、いろいろなオリゴ糖が、さまざまな食品に含まれているのです。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ