花粉症とラクトフェリン

アレルギー系の疾患にもとても効果が高いと言われているラクトフェリンですが、もちろん花粉症にも是非おすすめです。花粉症にラクトフェリンがどのようにかかわっているのか、そのメカニズムを考えてみましょう。

 

花粉症について

花粉症はいまや一般的な疾患としてとらえられるほど、多くの人が何らかのかたちでかかわっているようです。しかし症状のひどい人は本当につらい思いをしているのではないでしょうか。もちろん心疾患、脳疾患のように命にかかわるものではないものの、つらくて生きる元気さえ削がれてしまう症状を持っている人もたくさんいます。
アレルゲンとなる花粉の種類は人によって違いがあるようですが、花粉に対して異常に免疫作用が働いてしまうものです。特定の花粉に対して危険異物と察知してしまい炎症を起こします。それによって目の中や回りが異常に痒くなったり、涙がたくさん出たり、鼻水、クシャミ、咳が止まらないくなったり、気管支喘息を引き起こしたりといろいろな症状が起ることも。

 

花粉症とヒスタミン

アレルギーを起こす要因はアレルゲンを感じたときに出る、ヒスタミンという物質が大きくかかわっています。このヒスタミンは体内に存在する化学物質で、「異物が侵入したぞ」と体が察知すると急速にその部分に集中発生します。ヒスタミンは危険な侵入者から体を守る兵士のようなものなので、そこで炎症を起こして侵入者と戦うわけです。しかしその免疫作用こそ、血管の拡張や痒みを引き起こす原因となってしまうことに。
アレルゲンの抗体ができてしまうと、それは体の中で攻撃目標が登録されてしまったようなもの。アレルゲンが体に付くと抗体によってヒスタミンに出動命令が出されます。つまりヒスタミンは私たちを守るための有り難い物体でありながら、出動命令が間違っていることで私たち自身を攻撃してしまっているのです。ちなみに花粉症の対アレルギー薬は、このヒスタミンを一時的に抑えることしかできません。

 

花粉症を治すラクトフェリン

しかしラクトフェリンは出動命令を出す免疫システム自体に大きく影響を与えるため、アレルギーの基本の部分を改善します。免疫システムは抗体のできた物質を危険異物という察知し、今後の攻撃目標としてしまうのです。しかしラクトフェリンはこの抗体の数を増やしてしまうので、アレルゲンが体内に侵入する前にブロックすることができるようになります。つまりラクトフェリンは根本的なところで花粉症を改善していくことができるのです。
これは医学的な証明もあり、ラクトフェリンを1日300mg〜600mg摂取することでアレルギー症状を抑えることができると言われています。臨床実験での結果なので、花粉症の人にとっては朗報と言えそうです。

 

花粉症予防

花粉症予防として一般的には顔の周りをマスクやゴーグル、スカーフなどで守ることも大切です。またうがいや手洗い、顔洗い、目や鼻などを洗うと良いとも言われています。もちろん外出から自宅に入ったときには外である程度花粉を払ったり、洋服を玄関で脱ぐというようなことも勧められています。このようにアレルゲンに直に触れないということ。そして自宅にいる時間(睡眠時間も入れて)は意外と長いものなので、その時間アレルゲンから守ることも大切です。
アレルギーはすべてが解明されているものではありませんが、「もうこれ以上は無理!」という体の叫びとも言われています。それによって免疫の誤作動が起るので、ラクトフェリンでこの誤作動を調整するようにしていき、「これ以上無理!」という状態から解放してやることで、元の体に戻ることができるのです。
花粉症や他のアレルギー疾患に関してはラクトフェリンの摂取と、アレルゲンの刺激からできるだけ解放させることの2つを行うことで、改善への高い効果が期待できるのではないでしょうか。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ