すべての健康を握る・驚異の腸内フローラ

腸内フローラによって寿命まで変わってくるということが新聞にも載りました。最近いろいろなところで腸内フローラのことが騒がれています。さて今回は腸内フローラについて深く探ってみましょう。

 

腸内フローラってなに?

「NHKスペシャル」や「たけしのみんなの家庭の医学」などでも取り上げられている、今一番の健康注目株が腸内フローラではないでしょうか。今までずっと研究が進められ、さまざまなことが解明されてきたとのこと。まだ私たちには耳なれない言葉かもしれません。
腸内には100兆個100種類を超す細菌が住みついていると言われていますが、それらの膨大な細菌が花だとすると、腸内フローラとは花畑のことを言います。この腸内細菌が私たちの健康、美容、老化、精神、性格、そして寿命にまでかかわっていることが解明されてきたのです。この腸内フローラは、それぞれ人によってみんな違っているとのこと。この腸内フローラを良い状態にすることで驚異の健康が手に入ることが解明されたのです。

 

腸内環境について

腸内に生存する100兆個もの細菌のほとんどは腸内に住んでいます。そして腸の活動こそ私たちの健康、美容、その他さまざまなところに関係しているということが分かったのです。
私たちもよく知っている腸内環境には善玉菌と悪玉菌が存在しています。これらの他に日和見菌という優位側に味方する菌がいるのです。腸内環境は白と黒のオセロのようなもの。善玉菌の数が多くなり強くなると一気に悪玉菌を潰していきます。そのときにじっと静かにしていた日和見菌も善玉菌の加勢をして、腸内には善玉菌が優性になるのです。
そして体力が落ちたりストレスなどの要因で善玉菌の数が減ってくると、今度は一気に悪玉菌が広がっていきます。そうなると日和見菌は急に悪玉菌に加勢するため、一気に腸内には悪玉菌が優位になってしまうのです。
さて、善玉菌と言えば代表的なのがビフィズス菌、そして悪玉菌と言えばウェルシュ菌や大腸菌です。これらの細菌が花のように腸内フローラに住みつき花畑のように形成されています。例えばあじさいの多い花畑やチューリップがいっぱいの花畑など、人それぞれの腸内フローラもこのように違うとイメージすることができそうです。

 

腸内フローラのバランスの黄金比率

腸内フローラのバランスがとても大切だと言われています。ズバリ!腸内フローラの黄金比率は善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7と言われているのです。しかし現実には日本人の場合は善玉菌が1、悪玉菌が3、そして残りの6が日和見菌となっています。つまり日本人の平均比率から黄金比率にするには、善玉菌を増やす努力が必要になるのです。

 

善玉菌が増えると

善玉菌が増えると病原菌の感染を防ぎ、また腸内の掃除によって便秘や下痢を防ぎます。また免疫を高めてくれるので病気の予防やアレルギー改善にも高い効果が期待できます。そして血中のコレステロールを下げるため動脈硬化を防ぎます。これらの効果から無数の関連効果があると考えられ、最終的には寿命までかかわってくるとも言われているのです。

 

善玉菌を増やす食べ物

腸内フローラを整えるためには、まず善玉菌を増やすことです。そこで善玉菌を直接増やす食品としてビフィズス菌や乳酸菌など生きた菌を摂取することが大切です。ヨーグルトやチーズ、漬け物などの発酵したものに含まれています。また食物繊維を含む食品も重要となります。
そして次にオリゴ糖やオリゴ糖を含む食品を摂取しましょう。オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌の餌となって善玉菌を元気にしていく効果があるのです。また同じように善玉菌を元気にする効果として、母乳に含まれる驚異効果を持つラクトフェリンも善玉菌を元気にする効果があります。

 

腸内フローラを改善するための食べ物(食物繊維)

腸内フローラを改善するための食べ物として「4ネバ」と言われるもので、「納豆」「オクラ」「メカブ」「長いも」があります。もちろんこの4つだけということではなく、これを基本としたもののことであり、海藻類、キノコ類、ネバネバ野菜のことを指しています。
そしてこれらは水溶性食物繊維が豊富なものばかり。水溶性というのは、いわゆる筋のような硬い食物繊維ではなく見た目は筋ではなくヌルヌル状で、胃の中で水分を吸ってゼリーのようにプルプルになる成分です。脂肪を絡め取りながら腸に流れていき、便が溜まっていたら便と腸管の間をスルッと抜けながら、便もスルッと排出してしまいます。
ちなみにコンニャクもおすすめ。もちろん不溶性食物繊維の豊富な穀類、豆類、芋類、野菜、フルーツなども腸内フローラ改善食品です。

 

食べ物だけではなく

食べ物を意識して善玉菌を増やし、腸内フローラを改善するのが理想です。でも食べ物は量の問題や好き嫌い、摂取が難しいなどの理由により、どうしても不足しがちになることも。そこで主体は食品からの摂取ですが、補充としてサプリを利用することもいいのではないでしょうか。

 

ヨーグルトが苦手ならビフィズス菌サプリもおすすめです。またオリゴ糖もオリゴ糖の食品が摂取できなくても、オリゴ糖として粉末サプリがあります。またラクトフェリンも実際は摂取がとても難しくサプリから取ることがベストとなります。

ラクトフェリンサプリメント比較ページへ